Color tristimulus values grey DEF

三刺激値

人間の視覚や色覚を研究している研究者たちは、約100年前に心理物理学的なテストを行い、人間の視覚を表現できる指標を導き出しました。その結果得られたのが、比色三刺激XYZです。これによって目で見えるすべての色は、3種類の数値のみで表現することができるようになりました。

CIEXYZ

CIE 1931の色空間は、X、Y、Zの3つの軸で構成されています。これらの軸は、私達の目の中にある色を感じる錐体と符合しています。目安としては、Xが赤、Yが緑、Zが青に対応していると覚えておくと良いでしょう。

尚、この簡素化された経験則では、緑から赤の波長領域において、錐体の感度が大きく重なり合っているという事実が考慮されていないため、そのことを留意しておく必要があります。

CIELAB

L*a*b*は、CIE1931色空間から派生した色空間のひとつです。人間は色を3つの相反する次元で区別していることが考慮されています。

  1. 明度 - 色の明暗⇒ L*
  2. 色相

1. 緑がかった色と赤みがかった色があるが、両方を同時に表現はできない ⇒ a*

2. 青みがかった色と黄みがかった色があるが、両方を同時に表現はできない ⇒ b*

カラーポイント

Y値は、緑色がかった部分を表すだけでなく、色の輝度も表し、明るさを感じる感覚に直接的に関係します。色の明るさが関係ないアプリケーションでは、色を2種類の数値だけで表すことができます。いわゆる色度は、特定の色相と彩度を持つカラーポイントを表します。カラーポイントとして最も使用されている測定基準は、CIExyとu' v'になります。

どうやって測定しますか?


ファイバーやその他のアクセサリを使えば、さらに多様な測定が可能になります。アクセサリとしては、積分球、液体用キュベット、光源、フィルターホルダーなどが主に使われます。

消費者は、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、さらには自動車でも、最高品質のディスプレイでの娯楽や利便性を当たり前の様に享受しています。また、オフィスや家庭用照明の発光面などにおいても、同様に高い完成度の技術が期待されています。ディスプレイや発光面は共に、イメージング色彩輝度計の主要な応用分野なのです。