Adobe Stock 298675353

放射輝度および放射照度の測定

放射輝度測定は、単位投影面積当たりの放射強度量[W/m²/sr]を測定するもので、拡散面(有機ELやディスプレイパネルなど)を対象とする光学系として、レンズシステムを用いて測定します。

放射照度は、物体の表面に入射する放射束の量を定義するもので、通常、単位表面あたりのパワー[W/m²]で表されます。通常、放射照度の測定は、あらかじめ定義された拡散測定面を持つコサインコレクタを接続した分光計を用いて行われます。これらの装置は、スペクトルパワー分布を表すだけでなく、色、CCT(色温度)、CRI(演色評価数)、主波長・ピーク波長、PAR(光合成有効放射)値、照度、光度などのパラメータを表すことができます。また、大型で高出力な光源の放射照度測定は、積分球を接続した分光放射計の装置で行うことができます。

Admesyは、LEDや白熱灯などの様々なタイプの光源の放射照度測定を行うための最適なソリューションを提供しています。下の表は、放射輝度と放射照度の測定に適したAdmesyの分光放射計の概要と、その波長範囲を表したものです。測定手順の詳細については、アプリケーションガイドをご参照ください。

Neo(ネオ) Hera(ヘラ)
放射輝度 [W/m²/sr] レンズ レンズ
放射照度 [W/m²] コサインコレクタ* コサインコレクタ*
放射強度 [W/sr] コサインコレクタ* コサインコレクタ*
低輝度 yes

*コサインコレクタの代わりに積分球を使用することで、(分光)放射照度と放射強度、照度と光度を測定することができます。

どうやって測定しますか?


ファイバーやその他のアクセサリを使えば、さらに多様な測定が可能になります。アクセサリとしては、積分球、液体用キュベット、光源、フィルターホルダーなどが主に使われます。

消費者は、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、さらには自動車でも、最高品質のディスプレイでの娯楽や利便性を当たり前の様に享受しています。また、オフィスや家庭用照明の発光面などにおいても、同様に高い完成度の技術が期待されています。ディスプレイや発光面は共に、イメージング色彩輝度計の主要な応用分野なのです。