反射光測定

高速で稼働する様々な製品の生産工程では、製品の色や特性をモニターすることが重要です。まず初めに、モニタリングによって最終製品の外観と質感を測定します。製品ロットの中に、もしくはロット毎にばらつきがあった場合、エンドユーザーに品質が悪いと感じられてしまうかもしれません。二つめに、このような色や特性のばらつきは、生産工程内に変異があることを示している可能性があり、別の品質問題を抱えている可能性もあるのです。Admesyでは、次の反射光測定に対応する様々なソリューションを提供しています。

  • 正反射光を除く [SCE]:様々な角度から照明を当てて測定することで色を測定します。これにより、反射の影響を除いた適正な色測定をすることが可能になります。
  • 正反射光を含む [SCI]:照明を当てて、様々な角度から測定することで、色と光沢の両方の測定を行います。総合的な外観測定が可能です。
反射プローブ 0° 反射プローブ 45°
正反射光を除く(SCE) yes
正反射光を含む(SCI) yes

どうやって測定しますか?


ファイバーやその他のアクセサリを使えば、さらに多様な測定が可能になります。アクセサリとしては、積分球、液体用キュベット、光源、フィルターホルダーなどが主に使われます。

消費者は、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、さらには自動車でも、最高品質のディスプレイでの娯楽や利便性を当たり前の様に享受しています。また、オフィスや家庭用照明の発光面などにおいても、同様に高い完成度の技術が期待されています。ディスプレイや発光面は共に、イメージング色彩輝度計の主要な応用分野なのです。