Sphere drawing

放射束

放射束とは、光源から放射される方向に関係なく放出されるパワー(光)の量をワット(W)で表したものです。光源への応用としては、スペクトルパワー(スペクトル密度)として知られており、各波長で各方向に放射されるパワー(光)の総量をW(ワット)で定義します。Admesyでは、紫外、可視光から近赤外まで様々なタイプの光源のスペクトルパワーの測定用に、積分球を用いた安定のソリューションを提供しています。

一般的な放射束の測定機器構成は、分光光度計または分光放射計と積分球の組み合わせで構成します。この組み合わせにより、スペクトルパワー分布、主波長・ピーク波長、CRI、CCT、PAR、色を正確に測定することができます。また、Admesyの分光測定機能と色彩輝度計を組み合わせたCronus(クロノス)は、他の測定機を用いることなく、単独でフリッカー測定が可能です。LEDの放射束測定についての詳細については、対象のアプリケーションガイドをご参照ください。

Neo Hera
スペクトル分析 yes yes
主波長・ピーク波長 yes yes
放射輝度・放射照度 yes yes
輝度・照度 yes yes
放射強度 yes yes
光度 yes yes
放射束 積分球との組合せ 積分球との組合せ
光量 積分球との組合せ 積分球との組合せ
低輝度 yes

どうやって測定しますか?


ファイバーやその他のアクセサリを使えば、さらに多様な測定が可能になります。アクセサリとしては、積分球、液体用キュベット、光源、フィルターホルダーなどが主に使われます。

消費者は、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、さらには自動車でも、最高品質のディスプレイでの娯楽や利便性を当たり前の様に享受しています。また、オフィスや家庭用照明の発光面などにおいても、同様に高い完成度の技術が期待されています。ディスプレイや発光面は共に、イメージング色彩輝度計の主要な応用分野なのです。