透過光測定

プラスチックホイル、コーティングガラス、蛍光体プレートなどの製造プロセスでは、化合物、工程、特性、層の厚さなどのわずかな違いにより、色や光学的な変化が起こります。色の変化は、製造工程やコーティングの層の厚さなどを管理するための効率的な方法としても用いられることもあります。Admesyのステロペスなどの安定化光源と、Admesyの分光放射計、色彩輝度計、光度計のいずれかを組み合わせることで、キュベットを用いた液体を含む幅広い用途での光の透過性を持つ物質の測定に、理想的な組み合わせを実現します。Admesyでは、3種類の透過光測定のソリューションを提供しています。

  • 個々の波長に対する透過性を測定する素材の分光透過特性
  • 色彩輝度計や分光計による素材の色測定
  • 素材の光の吸収量と透過量を測定する光の密度
ネオ & ステロペス ヘラ & ステロペス アステリア & ステロペス
分光分析 yes yes
色解析 yes yes
輝度 yes yes yes
高密度[OD] yes

どうやって測定しますか?


ファイバーやその他のアクセサリを使えば、さらに多様な測定が可能になります。アクセサリとしては、積分球、液体用キュベット、光源、フィルターホルダーなどが主に使われます。

消費者は、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、さらには自動車でも、最高品質のディスプレイでの娯楽や利便性を当たり前の様に享受しています。また、オフィスや家庭用照明の発光面などにおいても、同様に高い完成度の技術が期待されています。ディスプレイや発光面は共に、イメージング色彩輝度計の主要な応用分野なのです。